ヌヴェール愛徳信徒協働会(第三会員について)


ヌヴェール愛徳修道会は、2000年に、的な生活の道を探し求めている男女の信徒にその霊性を開きました。信徒たちが当会の精神を生きることによって、その多様な生き方を意義づけられると考えたからです。

 

この精神を大切にしながら、日常生活(家族、職場、ボランティア、政治、教会等)において、霊的な実りをもたらすために、信徒会員の組織を作りました。

 

員になるにあたっては、創立者の精神や祈ることを学び、各自の生きた体験について分かちあいます。そして、使徒としての生き方を、他の会員とともに、より一層深め続けていくことを学ぶならば、誓約をたてます。

ジャン・バチスト・ドゥラヴェンヌによって開かれた道を通って、キリストに従って生きる道に取り組んでいきます。

 

現在、フランス、スペイン、イタリア、日本、韓国、チリ、ボリビアにグループがあり、全体は国際チームが指導しています。

信徒として組織ができるまでは修道会のシスターが同伴の役割を果たします。

 

日本においては、関西で2007年に、最初のグループができ、その後関東にもできました。現在、関西、関東において、協働体があります。その生き方は、「ヌヴェール愛徳信徒協働会員の規約」によって定められています。

 

2018年9月、当修道会の総長と信徒協働会総責任者は、 創立者の年にあたって、協働会員へこのようなメッセージを出しました。

 

「創立者の誕生日である(2018年)911日から、

帰天の記念日である(2019年)65日までを“創立者の年”とします。

その日、彼は「キリストの愛によって駆りたてられる」がままに任せた後、父なる神の愛の充満に目を開かれたのです。

彼の霊的遺産である“人間に命を与えてくださるために情熱を傾けてくださる神の御心を世に告げる”という唯一の使命を教会と世界の只中において果たすために、この年を真の年として生きましょう。」 

 

当会の精神を理解していただくために、一か月または二か月に一度、「ベルナデッタの集い」を開いております。

場所は、関東では目黒、関西では京都伏見の本部・長岡・九条です。

 

詳しく知りたい方は、各修道院へご連絡ください。

 

★京都伏見の修道院:075-642-6279

★長岡京市の長岡修道院:075-874-6660

★京都市南区の九条修道院:075-681-4774

★東京の目黒修道院:03-3713-4134

 

メールでの問い合わせは、担当者、宰川まで。 

 neversbernadette@yahoo.co.jp

 


【誓約更新式】